G.K.T 模型制作記
ガンプラの制作をメインとしたBlogです。 制作技術向上を目指し、頑張りたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【RE:GAT-X】 ブルデュエル 進捗報告
どうも、atnikです。

撮影データの編集に思いの外時間を取られ、投稿が遅れてしまいました。
申し訳ありません(汗

久々の更新で、何から話したらよいのやら戸惑っておりますが、とりあえず今回は前回予告した通りにブルデュエルの進捗報告をさせていただきたいと思います。


では各部位ごとに報告させていただきます。

スライド4

まずは頭部パーツから。

頭部は追加装甲で着ぶくれしているせいか少し小さく感じたため、前後の接合面で1 mm幅増し。
また頭部側面はバスターガンダムのような球面的な形状をイメージして、1 mmプラ板を接着した後に削り込んで形状を修正しています。
フェイスパーツはHGエクシアのパーツをエポパテで複製、そのままでは馬面な感じがしたので顎を削り込んで小顔化し、掘り込みを追加しました。
あと写真を撮るのを忘れていたのですが(汗、頭頂部のセンサーユニットは HGダブルオークアンタのクリアパーツのランナーから削りだして別パーツ化しています。

首パーツは以前作成していたものが年末の大掃除で紛失してしまったため、作成為直しています。
その際に頭部の可動範囲が思っていたよりも小さかったため、二重関節化しています。首のポリパーツ隠しには、ポリパテで円錐状のブロックを作成し適当な高さで切断・軸穴を通したものを用意しました。


スライド3


続いては、胸部パーツについてです。

胸部には動きに幅を持たせるため、各軸にポリパーツを配置し可動するよう元パーツを分解しました。また、装甲の装着を容易にするため内部に永久磁石を埋め込んであります。


スライド6


腕部はまだ試行錯誤している段階で、未だに中途半端な状態で放置しております。
とりあえず二の腕部分にポリパーツを組み込み二重関節化する流れで行こうかと考えております。


スライド5


腰部分は、後にも書きますが、脚部との接続方法を変更したためいろいろと手を加えてみました。

まず脚部との接続をオス型からメス型に変更。内部にポリパーツを仕込んで保持力を向上させてみました。
またサイドアーマー先端が丸っこい&長さが足りないように感じたので先端部にプラ板を貼り付けし約2 mm延長しています。またサイドアーマー フロントアーマー共に裏打ちを行っています。裏面には後程ディテールを加えていきたいと思います。


スライド7


脚部は全体的に延長する方向で修正を加えています。

太腿部及び膝関節は RGストライクガンダムの機構を模倣しプラ板とABSランナーの余り、それとポリパーツで新規に作成しました。スライド機構などはRGのフレームとまったく同じなので、今回は説明を省略させていただきます。スネパーツは基本的にはキットをそのまま生かす形で使用し、ふくらはぎの部分で切断し2 mm延長しています。くるぶしにあたる部分は幅詰めして足の可動を阻害しない様修正しています。(約1 mm縮小)
可動範囲は膝関節のみでだいたい100度強といったところでしょうか。足先にも一応可動用のポリを仕込んだので、調整してもう少し膝を曲げている感じが出せるよう手を加えていきたいと思います。

スライド8

足先は元のパーツを小型化する方向で修正しました。かかと及びつま先は舜着+アルテコ粉末で裏打ちし、切削しています。甲のパーツはプラ板の箱組にて新規作成。形状はRGストライクのものを参考にしています。
作成したパーツはおゆまるで型を作りポリパテで複製し数をそろえました。
(この複製がなかなか難しくて、型取りやパテの流し込み方などで四苦八苦し、かなりの制作時間を費やしてしまいました)



最後に各部位を組み立てたものを、
まずはデュエル本体からどうぞ。

スライド9



続いてアーマー装着状態です。

スライド1


スライド2


追加装甲については2次審査までには何とか形にしたいと思っておりますので、方向性が決まり次第また報告させていただきます。



久々の更新ということでだいぶ長ったらしい説明となってしまいましたが、これからはこの教訓を生かしてこまめに更新していけるよう頑張りたいと思います。

 昨年から本格的に始めたガンプラ制作、今年はコンペに参加されている各モデラー様やfgでの投稿作品等から技術や感性などいろんなものを吸収して作品作りに生かしていきたいと思いますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト
遅ればせながら

 昨年の秋からブログをはじめて4ヶ月以上たつでしょうか・・・
ブログの投稿件数が未だに5件にも満たないという体たらく、本当に申し訳ありません。

 昨年の年末、8年に渡り愛用していたPCがお亡くなりになり、必要なデータの復旧や新規PCの導入に手間取ってしまい、これまでに何のご報告も上げられずにおりましたが、この度何とか準備を整えることができました。

 本日中にはソフトウェア類のインストールを終えて、週末には製作中のブルデュエルについて進捗報告できればと考えております。

 本年は、今回のVerbala様主催のコンペ Re:GAT-X を機に、工作技術やプレゼン能力の向上に精進していく所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。


PS
 前回のブルデュエル製作の報告にて、画像サイズが不適切で記事が見づらくなっておりました。
この場にてお詫び申し上げます。
 元画像のほうがHDDのクラッシュにより復元不可能となってしまいましたので、次回の報告より画像サイズに留意して投稿させていただきたいと思います。


 


 
 











 
【RE:GAT-X】 ブルデュエル製作記1
どうも、お久しぶりです。atnikです。

学会の前刷り作成だとか学祭の準備やらで、ブログの更新が
おろそかになっておりました、申し訳ありません( ノД`)

前回から大分日数が経ってしまいましたが、改めてキットの紹介からさせていただきたいと思います。

右斜め正面(600×450)

まずは正面からの1枚。
こうやって見ると、顔が埋まっている所を除けば、かなりいい感じにまとまっている感じがしますね。
上半身が若干厚ぼったい感じも、どこかアーマードコア風な感じを漂わせていて個人的には大好きなスタイルですd=(´▽`)=b

左斜め背面(600×450)


後ろからの1枚。
上半身のボリュームが半端ないですねw

そして次がブルデュエルの資料画像なのですが・・・


CIMG2983_convert_20111112032537.jpg

(((( ;゚Д゚)))キットとのあまりの違いっぷりにびっくりですw



資料とキットを見比べてみると
・キットの方は腿が短い
・胸部装甲が厚すぎる
・前腕部のハンドガン格納部のサイズが大きい
この3点が資料のイメージを損ねている、そんな感じがしますね(´・ω・`)

この三点を意識してプロポーションは改修を進めていきたいと思います。

また、キット自体がちょっと古いため(といっても数年なんですが)各関節部の可動範囲が狭く
下のパケ絵のようなポーズが取れません。

ブルデュエル ボックスアート


今回は可動範囲の改善も目標にして製作していきたいと思います。

作業の方は現在脚部からてお加えております。近日中にはアウトラインがまとまりそうなので
具体的な内容は近日中に報告したいと思いますので、もうしばらくお待ちいただければ幸いです(´・ω・`)
(作業が遅くてスミマセン)






こうやって公の場で作品を発表するというのは初めてで、どうやって伝えたらいいかまだよく解らないこともありますが、少しでも多くの人に見ていただけるような作品作りを目指して頑張っていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。




テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【RE:GAT-X】
Verbalaさん主催のガンダムSEED10周年コンペ
RE:GAT-X に参加させていただくことになりました。


          2011100923270866f.jpg


詳細が知りたい方や参加したいと思われた方がいらっしゃいましたら、是非リンク先をご覧いただけたらと思います。

ちなみに、私が今回作成するのは「ブルデュエル」

スターゲイザー本編では登場シーンこそ少なかったものの、撃墜シーンがとても印象的でしたね~(ノд・。)
個人的にデザインはとても気に入っていたので、活躍がなかったのが残念なガンダムであります。

キットの方は現在せっせと仮組み中です。今晩中には撮影も出来るかな?
撮影が済み次第、改めてキットの紹介をさせていただこうかと思っていますのでよろしくお願いします。
よろしくおねがいします!
皆さん、はじめまして。
今日からブログを始めることにしました、atnikと申します。
ブログは初めてで使い勝手がまだよくわからず、最初の内は読みにくかったりするかもしれませんが
徐々に慣れていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

ここではガンプラをメインに制作過程などを公開して行きたいと思います。(たまには日記的なものも書くかも?)

制作技術に関しては素人同然なので、コメントやご指摘などいただけたら幸いです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。